お知らせ

お知らせ2023-12-13T16:29:01+09:00
182024年04月

\春から始める解体のお仕事/

お知らせ, 解体のお仕事|

みなさんこんにちは(*^^*)

福島県を拠点に解体工事をしておりますH&Sプランニングです!

福島県では4月に入ってから一気に気温が上がり、

春らしい過ごしやすい季節になってきましたよ♪

春や秋の過ごしやすい季節は「解体日和」とも言われ、

施主様にとっても、働く人にとっても良い季節なんです。

現在、求職中で新しいお仕事をお探しの方は、解体工事の仕事を始めてみませんか(^^)?

本日は、解体工事のお仕事内容について簡単にご紹介したいと思います(^^)

 

知ってる?解体屋さんの業務内容

解体工事とは、簡単に言うと戸建て住宅やマンション・車庫や倉庫といった

「建築物」を壊す工事のことです。

解体工事は、毎日の生活の中で多く行われていて、

外出時には現場を目にすることも多いのではないでしょうか(^^)

解体工事とは、世間一般に広く知られた業種なのです。

 

①重機オペレーターの仕事

重機オペレーターとは、ユンボなどの重機を操作しコンクリート壁や太い柱などの

解体を行うことが主な業務です。

重機オペレーターは経験や技術力が求められ、ベテランの職人が担当することが多いです。

重機による業務は取り壊しだけでなく、解体後の瓦礫を細かく粉砕したり、

トラックへの積込み作業なども並行して行います。

重機オペレーターの1日の始まりは、工程の確認や危険予測から始まります。

建物の骨組み部分を取り壊すといった大規模な工程の際には、

さらに入念な準備を行っています。

 

②現場作業員の仕事内容

現場作業員のお仕事は、人力や機械を使用して解体工事を進めることが主な作業です。

皆さんがイメージする”解体職人”に最も近い作業をしています。

具体的には、バールやハンマーなどを使用し建物の内部を壊したり、

廃材の分別や現場終了後の清掃など多岐に渡ります。

解体工事は、重機や工具の使用があり常に危険と隣り合わせの作業です。

全ての現場において、作業員は近隣への気配りと安全への意識を持って作業に当たらなければなりません。

季節や天候に体力が左右されやすいという環境を考えると、ハードな仕事のひとつとも言えます。

ハードな仕事を日々こなす現場作業員の一日は、工程確認から始まります。

その日の段取り、危険予知や天気の予測も行います。

重機が入る際には、粉塵対策として散水作業などもありますので、

重機オペの補助なども行います。

 

③運搬ドライバー

解体現場では、作業員や重機オペの他にも運搬ドライバーという業務もあります。

運搬ドライバーは、解体現場で排出された廃材を廃棄物処理場まで運搬しています。

解体工事では、廃棄物の処理について厳格に規則が定められています。

運搬ドライバーは環境に配慮した解体工事を行うため、マニフェストの遵守など重要な業務を担っています。

運搬の作業前には、廃材の分別や清掃、作業員の補助業務なども行います。

 

最後に

現在、株式会社H&Sプランニングでは新しい仲間を募集しています!

解体の現場作業や、重機オペになりたい!など、ご興味のある方はいらっしゃいませんか(^^)?

弊社では、経験・資格の有無は問わず、人柄での採用を行っております。

解体に挑戦したい!重機の経験を積みたい!キャリアアップして現場監督になる!など

熱意とやる気があればぜひ、お問合せ下さい(^^)

暖かい春は、解体工事の仕事を始めるのに一番良い季節ですよ(*^^*)

Tiktokやインスタでは、作業員さんの日々の様子や実際の施工事例などもアップしていますので、

そちらも見てみて下さい♪
>Tiktokはこちら
>インスタはこちら

 

詳しい求人の内容は、下記からどうぞ♪

\ご応募お待ちしております/
>人材募集ページはこちらから

122024年04月

【福島市 アスベスト調査に補助金】

お知らせ, その他, アスベスト|

みなさんこんにちは♪

福島県にて解体工事を行っておりますH&Sプランニングです!

突然ですが、建物の解体前にはアスベストの調査&除去が

法律で義務付けられていることをご存じでしょうか。

アスベスト調査&除去にはそれぞれ費用が発生し、

施主様の費用負担も大きくなります。

(さらに…)

122023年12月

\積雪の多い地域の解体工事/

お知らせ, 解体工事について|

line_christmas_sweets

みなさんこんにちは☆

福島県で解体工事をしております、H&Sプランニングです(*^^*)

12月も半ばに差し掛かり、寒さが一層厳しくなってきましたね!

そろそろ雪の気配も感じますが、みなさんの住んでいる地域ではどうですか(^^)

snowman_yukidaruma_woman

 

さて!本日は雪の降る地域での解体工事に焦点を当ててお話ししたいと思います。

雪が降る期間の解体工事って、除雪作業にも人件費がかかる??

雪の影響で工事期間が延びそう、、、そもそも安全に行うことができるのか??

と気になることがたくさんありますね☆

雪の季節の解体工事のメリットやデメリットについてご紹介します!(^^)!

kids_hashirimawaru_snow

 

line_christmas_tree

雪の日の解体工事のデメリット

雪が降る地域は、だいたい11月~12月頃から降り始め、

最長で春先まで続くこともあります。

解体工事を雪の時期に行うと、デメリットはあるのでしょうか。

 

 

解体工事費用

積雪のある中で解体工事を行う場合は、まず除雪作業をしなければなりません。

雪の量が多い場合、スノーダンプやスコップだけでなく、解体工事で使用する重機を用いることもあります。

除雪作業分の人件費や、重機を使用した場合の使用料などは、雪が無い場合は発生しないため

除雪作業があると、その分の解体費用は高くなってしまいます。

また、吹雪の日にはやむを得ず工事を中止しなければならない時もあります。

中止の日が続くと工期が延びることになり、確保した作業員の人件費も上乗せされていきます。

 

line_christmas_tree

雪の季節の解体工事のメリット

雪が降る季節に行う解体工事は、余計な費用が上乗せになってしまうデメリットがありましたが、

良い点も存在します。

「雪の季節は解体工事が高額」という印象があり、この時期は解体業者も仕事が減少する閑散期に入ります。

閑散期に入ると、除雪業者として仕事をする業者も少なくありません。

解体業者にも繁忙期と閑散期があるため、

雪の時期には元々の費用が抑えられている業者も多いため、想像よりも安い費用になっていることも!

見積りをとって比較してみましょう。

 

施工計画は天候を考慮して

雪の季節には、天気を頻繁に確認しながら作業計画を立てます。

解体中の建物に雪が積もってくると、その重みによって倒壊する危険があるため

崩れやすい壁や屋根は、雪が少ない内に完了させる必要があります。

翌日に大雪の予報があれば、足場の補強などの措置を施したり、

足場や養生などは、雪に耐えられる資材を選ぶ必要もあります。

解体業者は雪の季節も安全対策を十分に講じているため、

雪が降っていると工事ができないとは、一概には言えません。

window08_yuki

 

 

雪国こそ空き家は危険!

雪の季節は工事費用が高くなる、、工事が延びそうだ、、などの理由で工事を先延ばしにしてしまうと

空き家はどんどん危険な状態に陥っているかもしれません。

雪の降る季節は、空き家による被害が増加しています。

 

①倒壊の危険

雪は想像以上に重量があり、老朽化した空き家は雪の重みにより倒壊を起こす危険性があります。

さらに長期間放置された空き家は、雨や雪による木材の腐敗が進行し、

周囲の建物に大きな損害をもたらすことがあります。

jishin_yowai

 

②野生動物の住処に

雪国の空き家は、外で生活できなくなった動物たちの住処となってしまうこともあります。

実際に、野良猫が大量に棲みついた空き家も報告されています。

しかし冬の間は食料を見つけることが難しいため、そのまま空き家で息絶えてしまうことも、、、。

糞尿なども発生し、異臭等の問題にも繋がります。

 

 

line_christmas_sweets

さいごに

雪の時期は、工事期間が延長になるかもしれないことや

その分の費用が上乗せになるなどの事情はやむを得ないながらも、

解体業者は、閑散期の費用設定を行う、

天候に合わせた施工計画を組むなど対策を行っています。

 

雪の時期はなるべく解体工事は避けたいものですが、

解体工事を先送りにしていると、雪解けの季節には大きな被害が生まれているかもしれません。

解体工事は計画的に考え、雪の時期に行う場合には、

信頼できる業者と話し合いながら安全に工事を進めましょう!

福島県で解体工事をお考えの方はぜひ弊社にお任せください!

まずはお気軽にお見積りからどうぞ(^^)

> ご相談・お見積りはこちらから

christmas_presents

 

 

 

 

242023年11月

\家屋解体の順序/

お知らせ, 解体工事について|

line_enogu8_pink

みなさんこんにちは♪

福島県郡山市で解体業を行っております㈱H&Sプランニングです(*^^*)

11月も間もなく終わりそうですね。

寒い日が続きますが、クリスマスや年末年始などまだまだ楽しい行事がたくさんです♪

体調に気を付けながら元気に過ごしましょう(^^)♪

yukigassen

 

さて!私たちが日々目にする解体工事、、、

どのように行っているのかご存じですか(^^)?

どこから壊していくんだろう?工事中に倒壊しないのかな?など

考えてみると気になることがたくさんです!

本日は住宅を解体する際の基本的な流れについてご紹介したいと思います♪

私たちの仕事内容を知ってもらえたら幸いです(*^^*)

 

line_enogu7_brown

解体工事の基本的な流れ

それでは基本的な住宅の取り壊し順序についてご紹介していきます。

ひとつずつ見て行きましょう!(^^)!

 

①屋根

まずは、屋根の解体から行います。

瓦屋根の場合は、一枚ずつ手作業で剥がして行きます。

house_2f

 

②内装・設備の解体

屋根が終わったら次は建物の内側を解体して行きます。

石膏ボードや断熱材、畳や窓ガラス等を撤去して行きます。

room_yuka_tatami

 

③建物本体

次に建物の本体を解体していきます。

重機が搬入できない狭小地などでは、手壊しで建物本体を解体して行きます。

重機が搬入できる場合は、重機を使って解体していきます。

建物本体を解体する時が一番粉じんが舞い上がるため、散水を行いながら進めます。

この時騒音や振動にも気を付けながら進めます。

kouji_shovelcar

 

④基礎の解体

建物の解体が終わったら、次に基礎の撤去を行います。

基礎部分には、鉄筋やコンクリートが使用されているため

解体時には大きな音が発生しますが、

施工時間などに気を配り、騒音に気を付けながら工事を行います。

 

⑤地中障害物の確認

基礎の撤去が完了したら、地中に井戸や浄化槽などの障害物がないか確認します。

障害物の撤去には追加費用がかかることがほとんどですが、

見つかったら必ず撤去してもらいましょう。

 

⑥整地・清掃

敷地内で壊し残しが無いか確認します。

廃材は分別して全て回収し、残す部分に傷付いているところや破損しているところは無いかを確認します。

最後に道路の清掃を行い、周辺環境を綺麗にして工事完了となります。

oosouji_houki

 

 

最後に

㈱H&Sプランニングは、安全を第一に丁寧で迅速な作業を行っております。

福島県に永く愛される企業を目指し、安心安全な工事を提供しています(^^)♪

ご相談やお見積りは、お電話・ メールからもお待ちしておりますので、

お気軽にお問合せ下さいませ☆

text_omachishiteorimasu

 

 

 

 

 

 

 

 

222023年11月

\解体現場の安全な服装/

お知らせ, 解体工事について|

sankaku_garland2_line

みなさんこんにちは(*^^*)

福島県郡山市で解体工事を行っております㈱H&Sプランニングです☆

福島県では車のフロントガラスが凍る朝となりました~!

夕方は暗くなるのも早くなってきましたので、事故などには十分お気を付けください☆

現場で働く職人の皆さまも寒い中大変ですが、どうぞご安全に(*^^*)

winter_snowman

さて本日は、解体現場で働く現場作業員が身に着けているものについてご紹介したいと思います。

工事現場では、身に着ける服装も安全に工事を行うために重要な要素なのです。

fashion_sagyougi

 

sankaku_garland2_line

作業服

解体工事の現場では、とび出た釘やネジ、コンクリートや鉄筋の破片が散乱しています。
肌に触れてケガや事故に繋がらないように、長袖・長ズボンを着用して作業にあたります。

解体工事やとび職のイメージとして、ニッカポッカのイメージが強いと思いますが、

現在では平ズボンが一般的になってきています。

平ズボンはニッカポッカに劣らず通気性が良く、静電性や火・熱に強いなど非常に高機能です。

ニッカポッカでは現場によっては入ることができないなど、厳しい現場もあります。

安全面や作業のしやすさを考慮して、シンプルな作業着が望ましいです。

run_sagyouin_woman_helmet

 

防塵マスク

解体工事現場では、建物を取り壊した際のほこりや粉塵が多く飛散しています。

この粉塵を体内に吸い込んでしまうと、肺などに悪影響が出るため防塵マスクの着用が必要です。

解体工事においてはアスベストの取り扱いやコンクリート粉砕時など

粉じんが多く発生する作業においては防塵マスクの着用が義務化されている場合もあります。

解体作業によって健康被害が出ることのないように、作業者の健康を守ることが大切です。

 

安全靴

建設現場で働く職人たちは、安全靴を履いています。

一般的に安全靴は、つま先を保護するために先芯と滑り止めを備えた靴です。

万が一重量物が落下した時にも、ケガの危険を軽減することができます。

また解体現場では、足元に釘などが落ちていることも多く、

足に刺さることを防ぐため、靴底には踏み抜き防止の鉄板インソールを使用しています。

shoes_anzen_gutsu

 

ヘルメット

ヘルメットも解体工事現場では必須のアイテムです。

転倒による頭への衝撃や落下物からの衝撃を和らげる重要なアイテムです。

解体工事以外にも、すべての工事現場でヘルメットを使用しています。

 

保護メガネ

防塵マスクと同じく、保護メガネは解体現場で多く発生する粉塵から目を保護してくれます。
粉塵の他にも、瓦礫の破片やガラスなどの危険物からも目を保護してくれるアイテムです。

厚生労働省が規定する「労働安全衛生規則」には、保護メガネの着用が義務とされている解体作業があり、

作業中の安全確保に欠かせないアイテムとなっています。

goggle_clear

sankaku_garland2_line

最後に

解体工事現場は、ほこりや粉塵が飛散していたり釘やガラスなどの危険物も大変多いです。

そのためケガや健康被害から身を守るために、服装においても様々な安全対策を行っています。

mark_anzendaiichi_text

弊社では現在、現場作業員の募集をしています。

安全対策にも力を入れ、未経験の方も安心して働ける職場環境を整えてお待ちしておりますので

解体のお仕事に興味のある方はぜひご応募下さい♪

詳しい募集要項は下記からどうぞ(*^^*)
> 人材募集

 

kotatsu_neru

 

 

 

 

Go to Top