アスベスト

12 2024年04月

福島市 アスベスト調査に補助金

2024-04-12T11:16:59+09:002024年4月12日|お知らせ, その他, アスベスト|

みなさんこんにちは♪

福島県にて解体工事を行っておりますH&Sプランニングです!

突然ですが、建物の解体前にはアスベストの調査&除去が

法律で義務付けられていることをご存じでしょうか。

アスベスト調査&除去にはそれぞれ費用が発生し、

施主様の費用負担も大きくなります。

(さらに…)

10 2024年04月

\アスベストの事前調査/

2024-04-10T13:57:25+09:002024年4月10日|アスベスト|

みなさんこんにちは(*^^*)

福島県にて解体工事を行っておりますH&Sプランニングです!

HPを見て下さりありがとうございます♪

本日は、解体工事に関するアスベストの事前調査についてご紹介したいと思います。

解体や改修工事を行う前には、建築物にアスベストが含まれているかを事前に調査しなければなりません。

事前調査の流れや内容について詳しく見て行きましょう。

 

 

 

アスベストの事前調査

アスベストとは、石綿【いしわた】とも呼ばれ繊維状の鉱物のことを指します。

アスベストは人体に取り込まれると、長い年月をかけて中皮腫や肺がんなどの

健康被害をもたらす可能性が高いと言われています。

そのため、建物の解体や改修を行う際には、全ての建材について必ず事前調査を行います。

アスベストに関する法令は下記の2つがあります。

①石綿障害予防規則

②大気汚染防止法

事前調査の目的

アスベストの事前調査を行う目的は、主に2つの理由があります。

一つ目は、アスベストによる労働者の健康障害を予防すること。

二つ目が、国民の健康を保護し生活環境を保全することです。

アスベストの適切な除去計画と管理を行い、労働者と国民・生活環境の安全性を確保することが重要です。

 

事前調査の必要性

アスベストは、肉眼では確認できないほど細い繊維状の物質です。

体内に取り込まれると、肺胞に沈着し組織内に滞留し続けます。

その結果、肺がんや悪性中皮腫などの病気を引き起こしてしまうのです。

実際に、石綿による健康被害は今も増え続けており、

「石綿健康被害救済制度」なども設けられています。

深刻な健康被害を少しでも減らすため、アスベストの事前調査は非常に大切なのです。

 

事前調査の流れ

ここでは、アスベスト事前調査の流れについてご紹介します。

アスベストの事前調査は大きく3つに分けられ

書面、目視、分析による調査が行われます。

 

①書面による調査

書面とは、主に以下のものを指します。

・設計図

・竣工図

・改修図など

このような書面があると、建物の所有者や発注者・工事関係者からヒアリングを行うことができ、

また目視による調査の効率を高めることができます。

 

②目視による調査

書面による調査、関係者からのヒアリングののち、

現地において目視による調査を行います。

現地では外観や内装・下地等の確認を行い、

調査対象の建物の石綿の使用状況を正しく把握します。

 

③分析による調査

調査する建材にアスベストが含まれているか不明な場合は、

試料採取を行い、分析による調査を行います。

同じ材料と考えられる建材ごとに、試料を採取して行きます。

 

④石綿含有”みなし”

アスベストの有無が確認できない場合は、

通常は分析による調査を実施することが推奨されますが、

必ずしもそのような調査を行わずに、石綿が含まれていると”みなす”ことも可能です。

分析による調査の実施は、事業者や発注者などによって選択されます。

石綿が含まれているとみなした場合、解体工事などは建材から石綿を取り除く作業が必要となります。

 

アスベストの調査資格

アスベストの調査は、厚生労働大臣が定めた一定の知見を有する者が行うとしています。

一定の知見を有する者とは、下記の資格者を指します。

・一般建築物石綿含有建材調査者

・特定建築物石綿含有建材調査者

・一戸建て等石綿含有建材調査者

 

調査業者の選び方

アスベストの調査を依頼する時は、業者の選定も慎重に行う必要があります。

以下の3つのポイントを確認し、安心して依頼できる業者を選びましょう。

 

①調査報告書を丁寧に作成している

アスベストの調査報告書は、公的機関に提出する必要があります。

誰が見ても分かりやすいものであることが大切です。

調査報告書の作成実績の高い業者だと安心です。

②有資格者が在籍している

アスベストの事前調査は、厚生労働大臣が定めた資格者でなければなりません。

事前調査を依頼する際には、適切な資格者が調査してくれるか確認するようにしましょう。

 

③費用が適切な額で、あらかじめ説明がある

アスベストの事前調査にも費用はかかり、

依頼主がもっとも気になることのひとつではないでしょうか。

あとから高額な費用を提示してくる悪質な業者も中には存在しますので、

調査の前に費用の説明もしっかりとしてくれる業者が好ましいですね。

 

まとめ

解体や改修工事の前には、アスベストの事前調査が義務付けられています。

弊社には「一般建築物石綿含有建材調査者」「石綿作業主任技術者」の資格を有するスタッフがおりますので、

事前調査から結果報告、解体工事施工まで、一貫して承ることが可能です。

福島県で解体工事をお考えの方はぜひ弊社にお任せください!
まずはお気軽にお見積りからどうぞ(^^)
> ご相談・お見積りはこちらから

 

 

9 2024年04月

\アスベストの除去・解体/

2024-04-09T11:41:33+09:002024年4月9日|アスベスト|

皆さんこんにちは!

福島県郡山市で解体工事を行っておりますH&Sプランニングです♪

福島県では、昨夜から雨が降り続いています。

風も強く、桜も散ってしまいそうですね、、、

現場で働く皆さま、悪天候の日は特に安全に気を配りながら作業をして行きましょう!(^^)!

さて本日は、アスベストの解体についてご紹介したいと思います。

アスベストの解体に資格は必要なのか、また注意点やリスクについてもまとめましたので、

ぜひご覧ください♪

 

 

アスベスト解体3つの注意点

そもそもアスベストとは、肺がんやじん肺といった深刻な健康被害をもたらす有害な物質で、

現在では、建築の際にアスベストを使用することは禁止となっています。

解体工事を行う場合、建材にアスベストが使用されている場合は飛散する恐れがあるため注意が必要です。

 

①近隣住民の健康を守る

アスベストの飛散により、近隣住民の健康被害を引き起こす可能性があります。

法律でも様々なガイドラインが出され、解体の際には十分な準備が必要です。

工事前には近隣住民へ周知を行い、工事中には看板でアスベスト作業中の旨、表示を行います。

解体を行う際には、アスベストの作業箇所を養生シートで隔離・密閉し、粉塵飛散抑制剤を散布してから作業にあたります。

 

②作業員の健康を守る

近隣住民だけでなく、実際に作業にあたる人の健康も守らなくてはなりません。

除去作業においては、作業衣や保護具、マスクなどの着用、またアスベストに関する特別教育を実施し、定期的に健康診断を受診します。

 

③適切に処分する

解体したあとのアスベストは、産業廃棄物として適切な方法で処分しなければなりません。

不法投棄されては、二次被害に繋がる恐れがあるため、

マニフェストの管理などを徹底することが大切です。

アスベストは、最終処分場に運ばれ溶融処理された後に埋め立てられます。

 

アスベスト解体で必要な資格は

アスベストの除去・解体を行うには、

「石綿作業主任者の選任」、「特別管理産業廃棄物管理責任者の設置」、

「労働者全員に石綿特別教育を実施 」が必要です。

それぞれ見て行きます!

 

①石綿作業主任者の選任

石綿作業主任者とは、労働安全衛生法で定められた国家資格です。

石綿作業主任者は、労働者がアスベストの被害を受けないよう監督することが仕事です。

作業方法の選定、保護具や防護服使用の監視、作業指揮や退避指示、予防装置の点検まで多岐にわたります。

実際にアスベスト解体を行うこともあり、作業者としての役割を担うこともあります。

 

②特別管理産業廃棄物管理責任者を決める

特別管理産業廃棄物に関わる管理業務全般を適切に行う役割を担い、

具体的にはアスベストの廃棄処理を担当します。

廃棄物の発生状況の把握や処理計画の策定、保管状況の確認、

委託業者の選定から実施までを主に行います。

各事務所においてこの責任者の配置が義務付けられています。

 

③石綿特別教育

企業は労働者がアスベスト除去作業に関わる場合、

主にアスベストの危険性、事前調査手法、粉じんの拡散防止、

保護具の適切な使用法などに関する特別な教育を提供することが求められ、

労働者をアスベスト汚染から守るための教育が必須とされています

 

まとめ

いかがでしたか??

アスベストの除去・解体の際には、健康や周辺環境を守るために、

様々な専門知識が必要です。

目には見えない有害物質の除去は危険な作業を伴います。

アスベスト解体の際には、専門的な知識や技術のある業者に依頼しましょう。

弊社には「一般建築物石綿含有建材調査者」「石綿作業主任技術者」の資格を有するスタッフがおりますので、

事前調査から解体施工まで、一貫して承ることが可能です。

福島県で解体工事をお考えの方はぜひ弊社にお任せください!
まずはお気軽にお見積りからどうぞ(^^)
> ご相談・お見積りはこちらから

26 2023年10月

\解体時のアスベスト調査について/

2024-03-15T11:22:42+09:002023年10月26日|アスベスト|

sankaku_garland_line

皆さんこんにちは(*^^*)H&Sプランニングです♪

HPにお越しいただきありがとうございます(^^)

 

弊社では、解体工事の他にもアスベスト調査を事業の一環として行っております。
> アスベスト調査についてはこちら

point_up

 

テレビや新聞などで、アスベストという言葉を1度は耳にしたことはありませんか。

今でもアスベストを使用した建築物は多く残っており、

私たちにとって大変身近に存在するアスベスト。

その危険性は度々ニュース等で取り上げられご存じの方も多いかと思いますが、

調査の必要性や、法律の改正などについてはあまり周知されていないように感じています。

本日は、解体時のアスベスト調査について簡単にご説明したいと思います!

 

sankaku_garland2_line

アスベスト調査が必要な理由

アスベストとは、主に建物の軒下や外壁の建材に使用されている有害な物質で

体内に吸い込んでしまうと、長年の月日を経て肺がんなどの健康被害を及ぼすため大きな社会問題となっています。

アスベストを使用した建物で、普通に生活をしている分には特に問題はありませんが、

建物の解体や改修を行う時にアスベストが空気中に舞い上がるため、あらかじめアスベストの除去を行ってから工事を行う必要があります。

2022年の4月からは、解体工事を行う際にはアスベストが使用されているかの事前調査は、法改正により義務化となりました。

しかし調査が義務化となっているのにも関わらず、調査を行わなかったり行っていても不十分だったりなど、

目に見えないアスベストについては、不適切な対策を行う業者が後を絶たないのも現状としてあります。

私たちの健康や現場作業員の安全を守るためにも、事前調査はとても大切なものなのです。

stand_sagyouin_man_helmet

 

sankaku_garland_line

解体工事の前には調査を!

解体工事の前や、改修・リフォームなどの工事の前には調査に最適な時期です。

アスベストの使用が禁止となった2006年以前に建てられた多くの建築物には、

アスベストが使用されている可能性が大きいため、

解体工事を計画中の方は、専門機関で確実に調査をしてもらいましょう(^^)

 

sankaku_garland2_line

福島市には助成金制度あります!

法改正により、解体工事前にはアスベストの事前調査が義務化されたことから

工事費用の他に、調査費用が発生することとなります。

工事にかかる費用はできる限り安く抑えたいものですよね。

福島市についてはアスベスト調査について助成金の受付を行っています。
> 福島市HPはこちら

補助金受付の締切が令和5年11月24日(金)とせまっていますので、福島市にお住いの方はぜひ市役所にお問い合わせ下さい。

 

sankaku_garland_line

最後に

アスベストの事前調査は、一定の知見を持つ「建築物アスベスト含有建材調査者」が在籍する調査機関が行うとされています。

弊社には「一般建築物石綿含有建材調査者」「石綿作業主任技術者」の資格を持つスタッフが多数在籍しておりますので、

アスベストの事前調査からアスベストの撤去までを一貫して行うことが可能です。

アスベストの調査や解体工事をお考えの方は、

ぜひH&Sプランニングへお問い合わせ下さい!(^^)!

> ご相談・お見積りはこちらから

job_roudousya_young

20 2023年07月

☆石綿の撤去で気を付けること☆

2024-03-25T13:57:08+09:002023年7月20日|お知らせ, アスベスト|

natu

皆さんこんにちは☆

暑い日が続きますが、体調を崩されてはいないでしょうか??

旬な食材をしっかり食べて、しっかりと睡眠をとって暑い夏を元気に過ごしましょう♪

fruit_suika_red

 

さて、本日はアスベスト除去の際に気をつけなければならないことについてお話したいと思います。

アスベストは身体に健康被害をもたらす大変危険な物質です。

建物の解体工事の際にアスベスト除去が行われることも多いため、その際に私たちが気を付けている重要なポイントを分かりやすく説明します。

 

animal_mizugi_set_bg

 

重要なポイントは以下の通りです。

 

  1. 専門知識を持った作業員が行う: 石綿の除去は危険な作業なため、資格を持った人が作業を行うようにします。正しい手順や適切な装備を理解していることが大切です。
  2. 作業計画の策定: 事前に作業計画を立てることが大切です。作業範囲、必要な資材、除去方法、作業スケジュールなどを明確にしましょう。
  3. 適切な装備の着用: 作業員は必ず専用の保護服、マスク(呼吸器)、手袋、ゴーグルなどを着用します。これによって石綿の身体への吸入を防ぎます。radioactivity_bougofuku
  4. 作業現場の遮断: 作業現場は養生シートで囲い、石綿の拡散を防ぎます。
  5. 適切な湿潤作業: 石綿を湿らせることで、粉じんを舞い上げずに作業を行うことができます。湿潤作業を徹底しましょう。
  6. 粉じんの最小化: 作業中に粉じんが発生しないように、石綿を崩さないように注意します。この時、工具の選定も重要です。
  7. 吸い込まないようにする: 石綿を吸入することは健康に害を及ぼす危険があります。作業員は作業中は絶対に喫煙しないようにし、飲食も作業エリア外で行います。
  8. 作業現場の清掃: 作業終了後は、徹底的な清掃を行い、石綿が残らないようにします。
  9. 監督と定期的な評価: 作業中は有資格者が監督し、作業の適切さを確認しながら行います。作業後も定期的な評価を行い、石綿の除去が完了しているかを確認します。
  10. 健康管理: 作業員は定期的に健康診断を受け、石綿による健康被害がないかを確認します。kenkoushindan_monshin

まとめ

これらの対策を厳守することで、石綿の除去作業を安全に実施し、作業員の健康と周囲の環境を守ることができます。

石綿は身体に入り込むと深刻な健康リスクを伴うため、十分な準備と対策を講じて作業を行うことが必要です。

弊社には「一般建築物石綿含有建材調査者」「石綿作業主任技術者」の資格を有するスタッフが多数在籍しております。

アスベストの事前調査から解体工事まで、安心してお任せください!☆

 

福島県で解体工事やアスベストの調査をお考えの方は、

ぜひ下記からご連絡をお待ちしております。

まずはお気軽にお見積りからどうぞ(^^)

> ご相談・お見積りはこちらから
hanabi_animal

 

 

 

7 2023年04月

~アスベスト調査~

2024-03-25T14:05:07+09:002023年4月7日|アスベスト|

sankaku_garland_line (1)
みなさんこんにちは☆

郡山市の桜も散り始めてしまいましたね~sakura_fubuki

お花見はしましたか??(^^)

 

さて、本日は弊社が力を入れて取り組んでいる

アスベスト調査についてご紹介したいと思います☆

sankaku_garland_line (1)

 

アスベストって何??

そもそもアスベストとは、何だか分かりますか??
何となく体に悪いやつ??というイメージでしょうか??(^^)
ここで少し詳しく解説しますね☆

line_dots7_color
アスベストとは別の名を「石綿」と呼び、繊維状の鉱物です。
「防音性」「耐久性」「耐熱性」「耐薬品性」などに大変優れた建材で、

1955年頃から建築物の天井裏や屋根材として多く使用されてきました。
戦後間もない時期の中、高性能でありながらも安い価格で手に入れることができ、とても重宝されたのです。
しかし現在ではみなさんもご存じの通り、健康被害をもたらすことが問題視され、使用が禁止されています。
さらに令和4年からは、解体工事やリフォームなどを行う時には、アスベストの事前調査と、国への報告が義務となりました。

line_dots7_color

★H&Sプランニングのアスベストのプロ達★

ここで、弊社のアスベストの有資格者をご紹介します!(^^)!

 

\ ①石綿作業主任者/

石綿作業主任者は、労働安全衛生法に定められた国家資格者のことを言います!
石綿は2~40年という長い潜伏期間の後に、肺がんなどを引き起こす有害な物質です。
そのため作業時にはその危険性を良く理解した者が、解体作業時の作業方法の決定、労働者の安全や退避指示、監視・管理などを行っています。

DSC_1456

IMG_3780

 

\ ②一般建築物石綿含有建材調査者/
アスベストは、それを使用している建物で生活や仕事をする分には問題ありませんが、
危険なのは解体工事やリフォームを行う時に、解体作業を行う人が石綿を吸い込んでしまうことです。
さらに石綿はとても細かい繊維状の鉱物で、これを大気に飛散させてしまうと、周辺住民にもその危険が及びます。
石綿の飛散を防止するためには、工事の前に除去しなければなりません。
建築物石綿含有建材調査者の仕事内容は、建材に石綿が含まれているのか、いないのかを判断することです。
この判断、とても重要です!
石綿があるのにも関わらず、石綿なしと判断した場合、言うまでもなく作業者と周辺住民へ健康被害をもたらします。
この逆で、石綿がないのに、石綿ありと判断した場合、石綿の処分費用やそれらにかかる人件費など、余計な費用が上乗せされてしまうのです!

アスベストの調査に関しても、経験や実績のある業者へ依頼することが大切です!

P2201276

DSC_0890

 

まとめ…☆

H&Sプランニングでは、アスベスト調査のみも承っております☆

これまでに多くのアスベスト調査を行い、実績と経験を積んできました。

解体工事をお考えの方は、アスベストの事前調査から解体工事まで一貫して行うことも可能です★!
お困りごとやご相談はお気軽にどうぞ☆

> アスベスト調査についてはこちらから

character_odango (1)

 

8 2023年02月

\あなたのお家は大丈夫?アスベスト含有住宅の見分け方/

2024-03-25T14:13:49+09:002023年2月8日|アスベスト|

machi_line2 (3)

アスベストの危険性と対策

みなさん“アスベスト”という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

断熱性や耐火性に優れ、安価で手に入れることができたこのアスベストは、

日本の高度経済成長期の建築において非常に重宝され、「奇跡の鉱物」とまで言われていました。

しかし実は発がん性があり健康に被害を及ぼす等とその有害性が広く認知されてからは、

アスベストを含む建材は、使用や販売などすべてが禁止となりました。

そして、令和4年4月からは、家を解体するときやリフォームをするときには、

アスベストが使用されているかどうか、事前調査が国の法律により義務づけられています。

 

今回は昨年からさらに注目されているアスベストについて、

アスベストが使用されているかいないのか、その見分け方3つをご紹介します!(^^)

解体予定のあるお家やリフォームを検討されている方など、こちらを参考にしてみて下さい☆

 

horo_line2_yellow

アスベストが含まれた住宅を見分ける3つの方法

住宅にアスベストが使用されているかを見分けるには、次の3つの方法があります。

 

①建物を建てた時期

アスベストの使用は昭和25年(1950年)頃から始まり、高度成長期の昭和35年(1960年)がピークとされています。

アスベストは段階的に規制が行われてきましたが、2006年の法改正にて戸建住宅でのアスベスト含有建材の使用が禁止されました。

つまり、2006年以降に建築された住宅においては、建物の構造体にアスベストが含まれていることはありません。

一方、それ以前に建てられたものであれば、アスベスト含有の建材が使用されている可能性が高く、

特に1988年より前に建てられた家は、アスベストを使用している可能性が高いかもしれません。

建築時期については、重要事項説明書や登記簿謄本などで確認できますのでそちらを確認してみましょう。

 

②使用している建材で見分ける

住宅において、アスベストが含まれているかもしれない建材は一般的に下記の通りです。

使用年代

建 材

1970~1999年 建築用仕上げ塗装材
1970~2005年 建築用下地調整塗材(フィラー)
1960~2004年 石綿含有金属系サイディング
1960~2004年 繊維強化セメント板

 

上記は外壁材となりますが、アスベストは屋根材にも使用されていることがあります。

主に屋根に使用されている素材は、金属・瓦・スレートの3種類ですが、

この内アスベストが含まれている可能性があるものはスレートとセメント瓦などです。

2006年以前に建築された住宅の場合、仕様書や矩計図を確認してみましょう。

建材の商品名などが詳しく載っていれば、メーカーのHP等でアスベスト含有量を調べることもできます。

house_2f

 

③専門業者に調査依頼をする

上記では、ご自分で比較的簡単に調べられる方法をお伝えしましたが、

一番正確で確実な方法は、専門業者に調査を依頼することです。

さらにこれから解体工事やリフォーム等をお考えの場合は、専門業者に調査を依頼する必要があります

専門業者に依頼をすると、設計書や施工記録を精査しながら

どこに使用されているかをスクリーニングしていき、その後目視確認を経て採取、分析と調査を進めて行きます。

 

horo_line5_pink

まとめ

アスベストの使用を調べるにはご自身でもある程度調べることは可能です。

しかし解体やリフォームを伴う場合は専門業者へ調査依頼をしましょう。

業者に事前調査と除去を依頼する際は、それに関する資格や許可を所持しているか、

施工実績が豊富か、廃材も正しく処理しているか確認しましょう!

 

弊社社員は「一般建築物石綿含有建材調査者」「石綿作業主任技術者」という石綿に関する専門資格を持っています☆

事前調査から解体施工まで、一貫して承ることが可能です。

福島県で解体工事をお考えの方はぜひ弊社にお任せください!

まずはお気軽にお見積りからどうぞ(^^)
> ご相談・お見積りはこちらから
line_flowers_hachiue

 

 

31 2022年08月

アスベスト調査を行う最適な時期とは

2024-03-25T14:26:33+09:002022年8月31日|お知らせ, アスベスト|

“アスベスト”という言葉を一度は聞いたことがありませんか。
私たちにとって大変身近な存在のアスベストですが、その危険性や検査の必要性について実はあまりよく知られていません。
今回はアスベストの調査はどの時期に行うのが良いのかお伝えします!

アスベスト調査が必須なわけ
アスベストとは、建物の外壁や屋根に使用されている身近な有害物質であり、健康に被害を及ぼすことから大きな社会問題となっています。
解体や改修工事の前には、周辺住民や建設労働者を守るためにアスベストが使用されているのか予め調査が義務化されています。
また、現在では吹付けアスベストの使用は建築基準法で禁止しているため、建物のリフォームや増改築の際はアスベストを除去しなければなりません。

しかし、アスベスト対策が義務づけられているにもかかわらず調査の未実行や不十分など、不適切な工事を行う業者が後を絶たないのも現状です。
私たちの健康をアスベストから守るためにも、調査はとても大切なのです。

アスベスト調査を要請する時期
建築物の解体時や改修時が、アスベスト調査の適切な時期です!
令和4年4月の法改正で、建物解体時のアスベスト事前調査と結果報告が義務付けられました。
かつてアスベストは、高い吸音性・耐熱性を持つことから、建築建材として多く使用されてきました。
アスベストの使用が禁止される2006年以前に建てられた多くの建物には、アスベストが使用されていると言っても過言ではありません。
解体・リフォーム工事を行う場合は、専門機関に依頼し確実にアスベスト検査を実施するようにしましょう。

福島市では調査に助成金制度があります!
2022年4月からの法改正により、アスベストの事前調査が義務化されたことから、解体工事には調査費用が必須で発生することになりました。
調査費用をできるだけ安く抑えるには、補助金を活用するのがおすすめです!
福島市では、令和4年5月2日~令和4年11月25日まで補助金申請の受付をしています。実施枠に達し次第、受付が終了ですので早めのお申し込みが必要です!
詳しくは福島市HPにてご確認ください。
> 福島市のHP

 

アスベストの事前調査はぜひ弊社にお任せください!
アスベスト事前調査はアスベストに関する一定の知見を有する「建築物アスベスト含有建材調査者」など、的確な判断が出来る調査機関が行うとされています。
弊社には「一般建築物石綿含有建材調査者」「石綿作業主任技術者」の資格を有する優秀なスタッフがおりますので、事前調査から解体施工まで、一貫して承ることが可能です。
事前調査や解体をお考えの方はお気軽にお見積りからどうぞ(^^♪

> お見積りはこちらからどうぞ

9 2022年08月

2022年のアスベスト法改正とは?これから解体工事やリフォームをお考えの方に変更点を分かりやすくご説明致します!

2024-03-25T13:42:10+09:002022年8月9日|アスベスト|

2022年4月、解体工事の現場や自宅などのリフォーム時に、アスベストが飛散するのを防止するため、全てのアスベスト含有建材を規制し、事前調査結果報告の義務付けが強化されることになりました。

この法改正では公共施設や商業施設だけでなく、一般住宅の解体工事やリフォームにおいても義務付けが適用されることとなりました。

今回は、改正前と改正後の変更点を分かりやすくご説明致します!

 

1.アスベストの「事前調査結果報告」とはなに?

そもそもアスベストとは、石綿(せきめん・いしわた)とも呼ばれ、いわゆる天然の繊維状の鉱物です。

防音性や耐熱性に優れ、さらに加工しやすく費用が安価であることから、1955年~2006年頃までの建築物に多く使用されてきました。

厚生労働省の資料によると、一般の戸建て住宅にも多く使用されていたことが分かります。

ブログ画像

出典:厚生労働省ホームページより

 

このように建築物に重宝されてきたアスベストですが、その繊維を吸い込むことで長い潜伏期間を経た後、「石綿肺」(悪性の腫瘍)や「中皮腫」(がんの一種)、さらには「肺がん」などの人体に重篤な影響を与えることが判明したため、徐々に使用が禁止されるようになりました。

現在ではアスベストを含む製品の使用、輸入、製造などは禁止されており、現在の建築物で使用されることはありません。

しかし1955年以前に作られた建築物にはアスベストを含む建材が使われている可能性があるため、解体工事やリフォーム工事をする前に、アスベストの事前調査が必要になったというわけです!

2022年4月1日の法改正では、下記の工事がアスベスト含有有無の事前調査結果を報告することが義務付けられました。

工事は以下の通りです。

  • 床面積合計80平米以上の解体工事
  • 請負代金合計100万円以上(材料費及び消費税を含む)の建築物の改造・補修作業
  • 請負代金合計100万円以上(材料費及び消費税を含む)の環境大臣が定める工作物の解体・改修等工事

参考:石綿事前調査結果報告システムについて(厚生労働省)

詳しくは、厚生労働省のHPや各自治体窓口へご確認ください。

 

現在、アスベスト事前調査はアスベストに関する一定の知見を有する「建築物アスベスト含有建材調査者」など、的確な判断が出来る者が行うとされています。

さらに2023年10月1日からは、「特定建築物石綿含有建材調査」「一般建築物石綿含有建材調査者」などの一定の資格を所有する者のみが、事前調査をすることが可能となります。

そのため、これから解体工事やリフォームなどの改修工事をお考えの場合、工務店や解体事業者がこの資格を有しているのかを確認することが必要になります。

 

弊社には「一般建築物石綿含有建材調査者」「石綿作業主任技術者」の資格を有するスタッフがおりますので、事前調査から解体施工まで、一貫して承ることが可能です。

福島県の解体工事は、ぜひ弊社にお任せください!

 

Go to Top